ITフリーランスが初めて案件を探すときに気を付ける2つのこと

こんにちは。

そして初めまして。

さとるといいます。

私は約7年程システム開発業界のSES(エンジニアを業務委託や派遣で常駐先に提案すること)の営業をやっていました。

7年間で100人以上のITフリーランスの方に案件を紹介し就業頂きました。
※フリーランスの方だけじゃなくて他社の社員さんや契約社員希望の方などにも紹介していましたのでトータルだともっといます。


そんな私が本日伝えたい事は、

初めてITフリーランスになったあなたが案件を探す際に気を付ける2つのことは?」

です。

今回は法的な段取りはまた別の機会にして、あなたが案件を探す際の注意ポイントを伝えていきます。

元業界営業マンとして、案件探し・エージェント探しに関しては あなたのフリーランスエンジニアの先輩とはまた違った角度でアドバイスできると思います。

初めてフリーランスになる方やフリーランスになってみたけど中々うまくいっていない方の参考になれば嬉しいです。

システム開発のパソコン画面

初めてのITフリーランスなら登録会社を複数持つ

はい、まず一つはこれですね。

当時私が働いていた会社もITフリーランスの方に登録してもらうためのサイトを運営していました。(自社サイトとは別で)

このようなサイトを運営している会社は多いと思いますし、ネットで調べれば簡単に出てきます。

で、やっぱり各会社ごと、またその会社の営業ごとにフリーランスエンジニアとの「相性」があるんですよね。

中には会社単位でフリーランスの人への付き合い方が失礼な会社もありますし。

良い会社でも変な営業に当たると長い期間あなたは苦しむことになります。

ということで、一番大事なのは複数の会社の登録会に参加すること。

これが非常に大事です。

最低でも2社以上は見て回りましょう。

変な営業に当たったとしても、単にあなたとの相性が悪いだけで、

他から見たら真っ当な営業マンであることだったあります。

そうなるとあなたがその営業マンが嫌だからと言っても中々それだけの理由で

他の営業に変えてもらうのも難しかったりします。

また、1つの会社である営業マンがあなたのスキルシートを持って営業を開始すると

他の営業はその結果が出るまで待つ・・・とういスタイルを取る会社もありますからね。

つまりあなたが他の営業から別の案件紹介ないかな~と待ってても登録会社の都合で他の営業からの紹介がストップされている可能性もあります。

(複数の顧客への提案を行って取り合いになるのを防ぐため。ただ並行営業といって同時に提案することもある。その案件のスピード感や担当営業がその案件をどれだけ決めたいかとかによります。)

まずは相性が良くない営業に当たった時に選択肢が無くならないように

幾つかの会社に訪問しておきましょうね。

フリーランスとして稼ぎたいなら商流にこだわる

あなたがIT業界でフリーランスとして稼いでいきたいならこれも大事です。

この「商流」、フリーランスエンジニアの方だと中にはあまり気にしない人も見受けられたので、

簡単に説明を。

まぁ一言で言えばエンドユーザからあなたにまでシステム開発の案件情報が流れてくるまでに何社の会社を挟んでいるか、ということ。

例えば〇TTデータが元請けにいてあなたの登録会社が〇TTデータと直に取引をしているならば、

商流は浅いと言える。(イコール単金が絶対に高くなるとは限らないが)

※一個人のブログで大企業の名前そのまま出すのがいいのかわからないので〇で伏せさせてもらっています・・・

実際に少なくないのは、この商流の階層が深い下のパターン!

【(例)〇TTデータ→下請け①→下請け②→あなたの登録会社→あなた】

昔よりは商流制限というもの(商流があまり深いと請け負い法やら派遣法に引っかかる。)

があり、元請け会社も気にするようになった。(昔は商流5次請けとか普通にあった)

でも何年も前からエンジニア不足が問題視されており、元請け会社も

「バレなきゃOK」

的なスタンスでやっている企業は正直私は見てきた。

※ちなみに上に書いた〇TTデータさんは商流については厳しかった。

まぁ正直私ら営業からしてみてもせっかく手元にいるエンジニアを商流制限なんかで

提案できないのは非常に苦しい!

だからお客様が内々でOKにしてくれると助かるのもまた本音。

これでエンジニアのあなたも納得の案件内容、単金ならばWinWinだろう。

でも商流が深いと大体下の2つの問題が生じる。

  1. 単金が安い
  2. 伝言ゲームになりがち

だ。

ここを細かく見ていきましょう。

商流で単金が下がるケース

これは想像しやすいと思いますが、

商流が深いとその分間に入る会社が増えます。

そしてその会社は紹介料をピンハネしてます。

こうやってシステムエンジニアを提案している会社は利益を出しているのです。

元請けが支払う単価が75万だとしたら3つの会社が5万ずつ引いたとしたら

あなたの手元に残るのは60万。

これは大きな違いです。

例えば同金額で商流が

元請け→登録会社→あなた

であればあなたは70万をもらえる可能性が高いのです。

(この場合あなたが希望金額を登録会社にしっかり伝える必要あり。これなくして登録会社営業が勝手に良い金額をあなたにくれることは絶対にない

伝言ゲームになりがち、とは?

あなたの現場先である元請け企業。

あなたの案件の延長や価格交渉は各会社の営業が行っている。

例えばあなたが登録会社の営業Aさんに

「次の契約更新でこの現場をやめたいです・・・」

と相談したとしましょう。

そしてそのAさんは次に誰に相談するのかというと、

元請け(現場)企業の営業さんじゃなくて

商流が1社上にいる会社の営業です。

そしてその1社上にいる会社の営業は更に1社上にいる営業に伝え、

ようやく元請けの会社の営業まで話が行き、

現場のPMの方へ伝わります。

つまり商流で間に入った会社の営業を全て経由して初めて元請け企業に伝わるというシステムなのですよ。

この伝言ゲームが行われいる間に

「あなたの辞めたい気持ちの温度感」

「いつまでにやめたいという具体性のある相談」

がうやむやにされることもあります。

(実際私が営業の時あった。で、技術者の人が非常に怒っていらっしゃった(汗))

なので商流が深いのは絶対ダメというつもりはありませんが、事前にしっかり確認したうえであなた自身が決断しましょう。

ITフリーランスとしてやっていくにあたってこのあたりは気にしたほうが絶対にいいです。

まとめ

今回はあなたが今後IT業界でフリーランスになり案件を探す時に気を付けることを2つに絞って書きました。
あまり気にされない人も多いのですが、この2つは押さえとくべきポイントです。
あなたのこれからのフリーランス生活に必ず役立ちます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました